下痢のような腹痛って妊娠超初期の症状? いつからいつまで続くの?

受精卵が着床する前後の妊娠超初期には、
腹痛が起こることがあります。

 

程度やその度合いによっては急を要するものであったり、
長引くこともあります。

 

当記事では、妊娠超初期における腹痛の原因と期間、
対策についてまとめています。

 

妊娠超初期の腹痛、いつまで続く?考えられる原因

妊娠超初期における腹痛は、
その原因により期間が変わります。

 

着床に起因するもの

受精卵が着床することが原因で、
子宮から痛みが生じることがあります。
チクチクしたり、重だるいような痛みが続くことがあります。
この場合、着床が安定すれば自然に痛みは消失します。

 

子宮外妊娠

子宮外妊娠で腹痛が生じている場合、
痛みは継続し、強くなっていきます。
子宮外妊娠の発覚が遅れる場合、
緊急を要する卵管破裂などを起こすこともあります。

 

卵巣の腫れ

妊娠によるホルモンバランスの変化が原因で、
卵巣が張れたり、水がたまったりすることがあります。
下腹部の左右どちらか、
もしくは左右ともが痛むことが特徴的です。
一時的に痛みを伴うことがありますが、
経過とともに消失することがほとんどです。
痛みが継続し、増強するケースもありえます。

 

ただし、
時折卵巣の腫れが続き、最悪の場合
卵巣破裂等の恐れも考えられますので、
下腹部左右の痛みは、
早めに受診するようにしてください。

 

妊娠に関連した消化管症状

妊娠のホルモン変化や循環動態変化に伴い、
下痢や便秘など消化管症状が現れることがあり、
これが原因で腹痛が起こることがあります。
症状にもよりますが、
安定期頃には消失することがほとんどです。

 

便秘などが継続する場合は、
妊婦でも内服できる便秘薬等で対応していきます。

 

妊娠超初期の腹痛、対応方法

まず、子宮外妊娠等
急を要する状態かを見極めるため、
必ず診察をうけましょう。

 

緊急ではない腹痛の場合、
その原因によって、適切な対応をとります。

 

消化管症状による痛み対策

下痢であれば整腸剤、
便秘であれば便秘薬、
胃痛であれば胃薬など、
妊婦でも内服可能な薬を処方してもらいましょう。

 

 

その他原因の痛みに関する対応法

痛みの原因となるプロスタグランジンは、
血流が悪くなることで一部の部位に滞ります。
これが原因となり、局所の痛みが増強します。

 

腹痛などの局所の痛みを和らげる対応方法として、
保温が効果的です。

 

保温で血流を促進し、プロスタグランジンによる痛みを
分散します。

 

また保温は副交感神経(リラックスする神経)を刺激するので、
保温により副交感神経が優位になると、
痛みで感じていたストレスも緩和できるのです。

 

妊娠中は、腹巻やカイロを使って腹部を冷やさないようにしましょう。

 

ただし保温による鎮痛作用は、
炎症系の痛み(腸炎、感染による腫れなど)には
悪化させてしまう恐れもあり、不向きです。
症状に応じて、保温鎮痛をはかるようにしましょう。

 

まとめ

妊娠超初期に感じる腹痛の原因はたくさん考えられますが、
まず緊急性のないものであることを確認することが先決です。

 

診察を受けたのち、その腹痛の原因に合わせた対象療法を行っていきましょう。
腹痛とは共通して、まず「和らげること」が大切です。

 

また、痛みの原因によって、
いつまで続くかはかわってきます。

 

痛みの原因を特定することが大切です。

 

自分に合う腹痛の対症療法を見つけて、
ストレスのない妊娠生活を送りましょう。